BACK
|IT

Karabinerから「⌘英かな」に変えた話【US-Macの日本語・英語切替】

みなさま、こんばんは!こんにちは!

MEGUMUです!

今回は、MacでUSキー配列を使っている方の多くが導入している日本語↔英語の切り替えについてです。

代表格としてKarabinerというアプリを使用していましたが「⌘英かな」というアプリに切り替えました。

「⌘英かな」はあり?なし?

結論:ありです!

特にシンプルな見た目と左右の⌘(コマンド)を押して日本語↔英語を切り替えるだけの用途の人は、

おすすめです!!!

Karabinerを使うのをやめた理由

USキーMacユーザーご愛用のKarabiner。

公開されているプラグインを導入するだけで様々なショートカットの設定をすることができるすぐれもの。

USキーユーザー以外にもショートカットをたくさん使うユーザーにとってもよく使われているイメージです。

ただどうしても使い勝手が悪い部分もあります。

MacOSのアップデートやアプリのアップデートで動かなくなる

Macの定期的なOSアップデートやKarabinerのアップデート。

これが発生する度にKarabinerが動かなくなることが多々あります。

その都度、設定を確認し動作確認をし場合によってはアンインストールなんてことも・・・

日本語↔英語の切り替えでしか使っていないユーザーにとっては無駄な時間を取られてしまいます。

機能が豊富すぎてわかりにくい

私だけなのかもしれませんが・・・

Karabinerを使って再現したいことって日本語↔英語の切り替えだけなんですよね。

他のショートカットに関してはMac標準のものだったり他のツールを使っているので。

そうなるとKarabinerはかなり機能が豊富で見た目の設定も複雑です。

設定画面が英語

設定画面が英語なのでバグが発生したり、アップデートの度に何だっけ?と調べてしまいます。

結局シンプルがいい〜〜!!

日本語↔英語の切り替えでしか使用しない私にとってもっとシンプルなものがいいのです!

左の⌘を押せは、英語。

右の⌘を押せば、日本語。

それを指定するだけでいいんです!

そんなアプリないかな〜と思っていた矢先の「⌘英かな」です!

⌘英かな

⌘英かなの設定画面の見た目は、こんな感じです!

めっちゃシンプル!

設定も簡単。

inputにキーを指定し、outputに変換したい言語を選択するのみ!

アプリ自体もサクサク動きます。

言語変換しかしない人からするとこれだけで十分です。

日本語の設定画面

見ての通り日本語の設定画面でシンプルなので直感的に設定ができます!

バグが発生してもインストールするだけ

万が一バグや動作不良が発生してもアンインストールし、インストールするだけ。

初期設定で画像のようになっているので煩わしさから開放されます。

まとめ

⌘英かな。日本語↔英語を切り替えるだけの私にとって最善のアプリでした。

みなさんも特に他のショートカットをKarabinerに設定していない場合、おすすめです!

アップデート後のガッカリ感をへらすことが出来ます!

以上。