BACK
|CAMP

キャンプの就寝は早い【夜遅くの会話は想像以上に騒音です】

みなさま、こんばんわ!こんにちは!

MEGUMUです。

キャンプの就寝時間についてです。

この前キャンプに行った時に夜遅くまで大きな声で会話をされている方がいました。

ただ、気づかぬうちに自分もうるさいのかもと思ったので改めて就寝時間について考えました。

キャンプの就寝時間

結論から言うと、「何時でもOK」です。

厳密に何時までに静かにしていないといけないといったルールはありません。

※キャンプ場によっては制限がある場所もございます。

だいたいの人の就寝時間

ここでの就寝時間は眠りにつく時間ではなく、

寝る準備を始めたり、静かに活動し始める時間とします。

前回行ったキャンプ場には、おおよそ30人ほど。テントで20テントほどでした。

時間を見ていると21:00~22:00を堺にテントの中に入ったり、静かに焚き火だけをしたりしている方ばかりでした。

個人的な感覚上、どこのキャンプ地でも他のキャンパーさんがいたら21:00を超えた辺りから静かになり始めます。

なぜ、静まるのが早いのか

キャンプを始める時間が早いから

基本的にキャンプをする人は、夕方には火起こしを終えます。

その後、すぐに調理を開始し食事をとったり、コミュニケーションをとったりといったのが一般的です。

17時頃から食べ始めても21時まで4時間もあります!

そのため、21時を過ぎた辺りからみんなでする→一人の時間になる人が多いのではないでしょうか。

外が暗いから

日没が18時だったとして、21時まで3時間ほど焚き火をしたりして明かりを灯さないといけません。

薪も限りが有るのでどうしても家にいるときほど夜遅くまで起きておくことが難しくなります。

夜のテント内の時間を楽しむ人も多いから

焚き火や美味しい料理を楽しむもキャンプの醍醐味ですが、テントの中で楽しむのも醍醐味の1つです。

読書、映画、漫画、ストーブで温まる。

これらを楽しむ時間を作るために早めに就寝準備をする人がいるかと思います。

キャンプ中の声や物音は意外に響く

キャンプ中の声は、意外に響きます。

いつもの室内で話す感覚で話すと壁がないので筒抜けです。

みんなが楽しんでいる時間であれば大いに楽しみましょう!

しかし、キャンプ場の雰囲気やその場にいるキャンパーの雰囲気、行動に合わせて静かにすることを心がけましょう!

会話

お酒がすすみついつい周りが静まっても盛り上がる場合があります。

何時になったら周りを見渡すなどを事前に決めておくと良いかもしれません。

道具同士が当たる音

こればかりは仕方ないですよね・・・

意図的でなければ大丈夫なはずです!

バトニングの音

薪をナイフなどで割っていく作業にバトニングというものがあります。

木を強く叩いた音が響き渡るので夜遅くのバトニング極力しないようにしましょう。

まとめ:どうしても遅くまで楽しみたい時

キャンプの就寝時間。日常からすると早いですよね・・・

どうしても遅くまで楽しみたいときは、季節や曜日、気候などをみて人の少ないタイミングでキャンプを楽しみましょう!

どちらにしても野営とかでないキャンプ場などには他のキャンパーさんもいると思うので、TPOを考えた行動を心がけましょう。

自然をみんなで楽しむのがキャンプなので!

以上。